iPhoneで使う保護シート

###Site Name###

iPhoneは大型ディスプレイ化が進んでおり、6では4.7インチ、6Plusでは5.5インチに拡大されてきています。
画面が大きくなると見やすくて良いのですが、気になるのが指紋や汚れ、また、電車などでの横からの覗きです。


これらを防ぐためにはiPhone用の液晶保護フィルムの利用がオススメです。

iPhone6sのオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

iPhoneはもともと強化ガラスが採用されており、指紋がつきにくくなっているのですが、長年使っていれば汚れますし、発色がよいだけに横からでもしっかり見えるのが難点と考えられています。

保護シートは光沢タイプと非光沢タイプがあり、動画などを綺麗に見たいなら光沢、屋外での利用や落ち着いた画質で見たいなら非光沢がオススメです。

どちらもAndroid用も含めて多数販売されており、価格も安いのが魅力です。

iPhone6sの予約に関する口コミ情報を募集しています。

また、ビニール素材なのでさまざまな特殊機能を追加するとも用意となっています。

追加機能については横から覗かれても液晶が見えなくなるタイプがあります。
横から覗いた際には鏡状になったり、文字が現れるなど液晶が見えないので好評です。また、指紋がつきづらい以外に本来の目的である液晶保護機能も強化されてきています。

特に鍵と一緒にポケットにiPhoneを入れる場合でも傷が付きにくいので大変重宝されています。

保護シートについては液晶以外に本体の保護シートも好評です。



iPhoneは金属筐体なので傷が付きにくい構造ですが、きれいな状態を維持したい方を中心に利用者が増えてます。